フリーランスが旅をするべき理由… 知らない景色や魅力的な人々に出会える感動! 旅行は自分をアップデートできる最強のツール

旅行記
フリーランス猫
フリーランス猫

吾輩はフリーランス猫である。仕事はまだ、それほどない。
この社会を自由に生きられる方法を拾い集めている真っ最中である。

私はよく旅をします。とはいっても、世界中をどこでも飛び回るバックパッカーのように、本格的な旅人ではありません。

空いた時間に、国内の興味のある場所へふらりと出向いたり、この目で見たい絶景スポットに行ってみたりします。もちろん、貯金がたまったときは時々、海外旅行へも。

私の性格は本来、そこまでアウトドアだったわけではありません。
でも、旅の魅力を知ってしまうともうやめられません!
今回はフリーランス猫が思う旅のメリットを紹介したいと思います。

旅は気分転換に最適!

オーソドックスですが、旅をすることは最高の気分転換になります。
ただ、通常の娯楽と違うところは、楽しいことばかりじゃないという点。それは一見デメリットもあるようにも感じますが、私はそういう不測の事態こそが人間を強くすると思っています。

そもそも、気分転換をしたいナァと感じているときは何か原因があるもの。仕事がうまくいかない、人間関係に不満を抱えている…。それらの悩みに答えが見つからないときに「この状況を脱したい」と心が叫んでいるはずなのです。

心に重くのしかかることって、考えたくないと思えば思うほど意識してしまいます。
いつもの環境の中にいたら、悩みのカゴの中から出られません。

行ったことのないところへ旅をすると、考えるべきことが増えます。
その日食べるものを選んだり、当日の宿を探したり…。
あれこれ考えながら、自分の目には見たことのない景色が次々に入ってきます。

脳は今までの悩みや不満を一旦忘れさせて、新しく入ってくる情報の処理に一生懸命にならなくてはなりません。結果として脳がアップデートされ、気分も一新することができるのです。

旅をしている人は、面白くて魅力的な人が多い

あなたには

フリーランス猫
フリーランス猫

この人、面白い人だナァ

と、思える人がいますか?

もし、いるとしたらなぜその人が面白さという魅力を持っているのかを考えてみてください。
思い当たらない人は逆に、一緒にいて面白くない人、つまらない人のことを考えてみましょう。

面白さとは、その人の持つオリジナリティではないでしょうか?

この面白さとは「笑いが取れる人」という意味ではありません。
人を笑わせることができる人はもちろん魅力的ですが、そういう面だけでなく、人として面白い人です。

スポンサーリンク

取材をしていて面白い人と、退屈な人

取材をしていて相手からしか聞けない話や考え方に接すると、私は脳がどんどん回転していくような感覚になります。逆につまらない人の話を聞くと、「早く帰りたいナァ」のように脳の回転が止まってしまいます。

ある会社の幹部の人に取材をしたことがあります。
その人はパワーポイントを使って、部下にどのような教育をしているのか教えてくれました。最初の何分間は「ふむふむ…」と聞いていたのですが、途中から「あれ…」「あぁ…」とがっかり感が増してきたのです。

その人は当時売れていた書籍に書いてあることを、そのまま私に伝えていました。私もその本を読んでいたので興ざめしてしまったのです。私が読んだ本と同じことしか語らない人への取材。これ以上の時間の無駄はありません。

フリーランス猫
フリーランス猫

ホンヲショウーカイスレバ、ソレデイイナァ…

今は情報がどこにでも転がっている時代です。私も含め、想像しうること、考えうることは、どこかの誰かが同じことを思っていると自覚をしておくべきでしょう。

だからこそ、ネット上のどこを検索しても出てこない旅先のエピソードというのは、魅力的なのです。

旅の恥はかき捨て

旅の経験の多い人は、オリジナリティに溢れて自然と魅力が増していくのです。

普段の仕事にも集中できる

旅することを好きになると、普段の仕事にもよりいっそう集中することができます。何かしらの目的があるとないとでは、仕事への力の入れ方も異なってきますよね。

目的はもちろんなんでも構いません。何かを購入したいとかでももちろん良いのです。

ただ、旅というものはとても抽象的な目的です。旅という目的からどこに行くか、何を見るか、どんなものを食べるか… など、いろいろな具体的要素を細かく決めていくことになります。

つまり、言葉では「旅」と一言で表せるものでも、それを目標にした途端に「仕事に打ち込む理由」がたくさん存在することになるわけです。

楽しい目的は多ければ多いほど良いですから、「旅」を目的にすると仕事への集中力がどんどん増していきます。

おすすめの旅行プランの立て方

ガイドブックなどを参考にするのはもちろんOKです。ただ、そこに書かれているプランをなぞるように旅をするだけでは、上記で説明した「情報のコピペ人間」「後追い人間」になってしまいます。

大まかなプランと目標を決めたら、ぜひ「Google MAP (グーグルマップ)」を使って計画を立ててみましょう。

Googl MAPには、ガイドブックに載っていない情報が満載です。ネットや情報誌からは除外されている小さな個人店があったり、名前だけでは何がなんだか分からないものも掲載されています。

旅のプランの道中にあるのなら、ぜひ立ち寄ってみましょう。大切なことは、そういったものにアタリやハズレを期待しないことです。

そもそも当たりのものはガイドブックやネットに掲載されているはず。もはや、その時点でオリジナルの出会いではなくなってしまいます。現地の人と、あなただけしか知らないような場所を見つけてみましょう。

宝探しのようなその旅は、一生語れるエピソードをあなたにプレゼントしてくれるかもしれません。

予算がないなんてことはない

さぁ、外に出ましょう。いろんな土地の空気を吸いましょう。

え、お金がないですか? 本当ですか?

旅をしたいけどなかなか一歩を踏み出せない人に多い理由が「予算がない」です。でも、本当にそうでしょうか? たしかに生活ができなくなるような状況で、旅をすることはオススメしません。

ただ、あなたが今日買ったビールやお酒、スイーツ、カフェでのコーヒー、諸々の中から1000円くらい節約できないでしょうか。月に一回、飲み会に参加すればそこでも何千円か、支払いますよね。

ぜひ、1000円〜10000円あればどこまで行けるか計算してみてください。

必ずしも遠くへ行く必要はありません。 大切なのは目の前にある旅への一歩です。

明日トイレに流れてしまうような小さな贅沢に支払うお金を、一生話せるエピソード探しに使ってみませんか?

さぁ、旅に出て自分をどんどんアップデートしましょう!

フリーランス猫
フリーランス猫

それでは、またナァ!

タイトルとURLをコピーしました