私がもう一度暮らしたい離島、長崎県新上五島町【五島列島】〜島の海景色20選〜

旅行記

※コロナ問題に未だ終息の目処がついていません。
この記事は外出を推奨するものではありません。国や自治体の指示に従い、日常が戻るまでご自身の身を最優先に守られるよう、お願いいたします。

フリーランス猫
フリーランス猫

吾輩はフリーランス猫である。仕事はまだ、それほどない。
この社会を自由に生きられる方法を拾い集めている真っ最中である。

こんにちは、フリーランス猫です。

私がもう一度暮らしたい離島、新上五島町に関する記事。

早くもシリーズ第3弾。
改めて自分の島への愛の深さを実感したナァ♪(ΦωΦ)

新上五島町に関する記事はコチラ

コロナウイルスで今年のゴールデンウィークは自粛中…
記事を読んで、みなさんにもおうちで旅行気分を味わってもらえたら嬉しいナ!

スポンサーリンク

今回のテーマは新上五島町の海!

上五島の海って本当にキレイなのです…。

国内、国外でいろんな海見てきた私ですが、上五島の海は格別。
沖縄やハワイなどのリゾート地の海も美しいですよね〜。
でも私は上五島の海、推し!

贔屓してるかもだけど…本当にきれいなのですよ。


島なので、いろんな場所に砂浜や岩場があるのですが…
場所よって、色や雰囲気も全然ちがっているので毎日見ていてもぜーんぜん飽きません!

スポンサーリンク

 

私が島で暮らしていた頃に

フリーランス猫
フリーランス猫

この海景色めっちゃいい!みんなに見てほしい!

と思って撮影したものを掲載していきます。

この景色を眺めにぜひ、上五島に訪れてほしいです。

コロナで自粛中はGoogle Mapで旅するのもオススメですよ♪

1.蛤浜(はまぐりはま)

蛤8

新上五島町でいちばんメジャーな海水浴場、蛤浜!

仕事を終えてから自宅への帰り道、よく寄り道していました。


快水浴場百選や新観光百選にも選ばれています。

夏は島内外の海水浴客でにぎわいます!
蛤10

蛤9

蛤4

蛤浜の場所はこちら

2.江袋(えぶくろ)

新上五島町の北部に位置する集落、江袋。


特に高峯トンネルから見下ろした、江袋の浜の絶景が私の中でピカイチの海景色です。


天気がいい日はサイコーにブルーが美しい。

もちろんくもりでもキレイ。

江袋集落には、長崎県の文化財にも指定されている江袋カトリック教会があります。


春になったら教会の周りにいろとりどりのつつじが咲きます♪


江袋2


江袋3

江袋の場所はコチラ(高峯トンネルは江袋集落の手前にあります)

3.仲知(ちゅうち)

江袋集落のお隣にある集落です。


ここの浜もほんとにうつくしい。

プライベートビーチばりに一人でゆっくりできます。
眺める角度で海の色が違って見えますよ。


仲知10

仲知6
仲知5

仲知4

仲知3

仲知の場所はコチラ

仲知の浜は修道院を下っていくとあります。

4.津和崎(つわざき)

新上五島町で最北端のある集落です。

北端には津和崎灯台という、灯台があります。


灯台からはお隣の島、小値賀島や宇久島を臨めます。


津和崎の海からのぼる朝日が絶景なのです。

津和崎1

津和崎2

津和崎3

津和崎4

津和崎の場所はコチラ

5.ハマンナ

有川市街地から頭ヶ島方面にいく途中にある、隠れビーチ「ハマンナ」


島にくるまで私も詳しい場所を知りませんでした!


真ん中に見える島は源五郎島、通称ライオン島です。
(ライオンが寝そべっているように見えるから!)

ハマンナ2

ハマンナの場所はコチラ 

6.頭ヶ島(かしらがしま)

頭ヶ島には、2018年にユネスコの世界遺産に登録された、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産にもなっている集落「頭ヶ島の集落」があります。

頭ヶ島の集落内には、石造りの「頭ヶ島天主堂」、「キリシタン墓地」がありその目の前には美しい白浜海岸があります。

キリシタン墓地では、5月中旬から「マツバギク」というピンク色の花が咲きます。

海のブルーとのコントラストがとにかくキレイで、この光景を見るために来られる観光客もいるとか。

頭ヶ島2

頭ヶ島3

頭ヶ島4

頭ヶ島の白浜海岸の場所はコチラ

7.桐(きり)

桐カトリック教会のすぐ下にある、深いグリーンの海。


湖のようなおちついた雰囲気の、不思議な海です。


透明度も抜群で近くで見ると底までスケスケ。


友人をここに連れていくと100%の確率で感激してもらえます・・
桐1

桐の場所はコチラ

8.有川小河原(ありかわおがわら)

シーグラスがいっぱい!


有川市街地から、頭ヶ島方面へ向かう最初の坂を登って下れば小河原集落。


小石と砂浜が広がった海で、ビーチコーミングする時はここを訪れます。


お宝がいっぱい眠っている海なのです。

シーグラスきれい♪

小河原1

小河原2

小河原5

有川小河原の場所はコチラ

9.高井旅(たかいたび)

島の南側、奈良尾地区のビーチ!


なんとウミガメが産卵に訪れる浜です。


波が高いのでサーファーさんもよく見かけます。


晴れたときのブルーの透け具合がきれいすぎる。

高井旅3

高井旅2

高井旅1

高井旅の場所はコチラ

10.東神ノ浦(ひがしこうのうら)

後ろに見える採石場と青い海。

外国のような雰囲気で気に入ってます。

鯛ノ浦~奈良尾に抜ける県道22号線沿いにあります。

東神ノ浦の場所はコチラ

11.江ノ浜(えのはま)

五島の海を背景に坂本龍馬の像が立つ「龍馬ゆかりの広場」。


龍馬ゆかりの広場から300mほど歩けば江ノ浜集落です。


集落の目の前に美しい砂浜が広がります。

川祭りや念仏踊りなど伝統行事もさかんな地区です^^

image1
江ノ浜1

江ノ浜2

江ノ浜の場所はコチラ

12.中ノ浦(なかのうら)


「水鏡の教会」とも呼ばれる、中ノ浦教会。
水面が静かで満ちているときにこのような姿を観ることができます♪
写真で見ると、まるで湖のほとりのよう。

中ノ浦の場所はコチラ

13.龍観山(りゅうかんざん)


若松地区の島々を見渡せるスポット。
青い海にプカプカ小島が浮かんでいる光景は若松!って感じです。

龍観山1
龍観山2

龍観山の場所はコチラ

14.曽根(そね)

県の天然記念物にも指定されている「赤ダキ断崖」がある曽根地区。
黒い溶岩海岸が広がっていて、上五島のなかでもめずらしい景観。
西側にひろがる海なので夕陽が沈む光景も美しいです^^

曽根2

曽根1

曽根3

曽根の場所はコチラ

15.大根河原(おねごうら)

青砂ヶ浦トンネルを抜けて、曽根に向かう途中にある大根河原。
坂を上るときに西側に目をむけるとこのような美しい入り江に出会えます!

大根河原1

大根河原の場所はコチラ

16.矢堅目(やがため)

横を向いたトトロに見える!とyahooニュースでも話題になった矢堅目。


矢堅目に沈む夕日は島民にも観光客にも愛されています!


春夏時期になると、矢堅目の駅で「塩ソフト」食べられます。

矢堅目1
矢堅目2
e9d6b56b-s

矢堅目の場所はコチラ

17.日島(ひのしま)

上五島の西の端にある、日島。

上記の写真は島の入り口の浜辺なのですが、日島は山からの景色もオススメ!

下記の写真たちはバンヤノ峠という山から撮りました。

天気にも恵まれてサイコーの登山日和の日にバンヤノ峠へ。

麓から約1時間半で頂上へ、下山は30〜40分ほど。

途中険しい道もありますが、山頂にはとびきりの絶景が待っています。

美しい海景色を眺めながら楽しめるトレッキングは、島ならでは(*^_^*)

日島の場所はこちら

18.白草(しらくさ)

島の夕日スポットといえばここ!

白草展望台です!

矢堅目に沈んでいく夕日をゆっくりと眺めることができますよ。

白草展望台の場所はこちら

19.馬込浜(まごめはま)


丸尾地区にある馬込浜海水浴場。

朝日を眺めるには絶好な場所です♪

朝日が昇ってくると同時にコーヒードリップした図。かなりよかったです。

馬込浜の場所はこちら

20.里ノ浦(さとのうら)

里ノ浦はかなり奥まった場所にあります。

まさにプライベートビーチ!

砂浜の白さはおそらくサンゴかな?

地元の人に教えてもらわないときっと行く着くことのできないビーチでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

どの海もめっちゃきれいじゃないですか…?

ここではお伝えしきれなかった、たくさんのきれいな海スポットが島にはあります(^p^)



上五島の海を見てると、俵万智さんの短歌を思い浮かべてしまいます…

フリーランス猫
フリーランス猫

今日までに

私がついた嘘なんて

どうでもいいよというような海 



上五島の海をぜひ生で眺めてほしいです。

コロナが終息したら、いきたいなあ…

フリーランス猫
フリーランス猫

それでは、またナァ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました