「おうち時間」の有意義な使い方! 最高の自分磨きにもなる“同時進行”の魔法

生き方の知恵
フリーランス猫
フリーランス猫

吾輩はフリーランス猫である。仕事はまだ、それほどない。
この社会を自由に生きられる方法を拾い集めている真っ最中である。

コロナウイルスをきっかけに、家にいる時間が増えた人も多いはずです。また、コロナ終息後もテレワークへの移行は、時代の流れとともにどんどん加速していくことでしょう。

これからは家にいる間の「おうち時間」を、いかに充実させられるかが大切になってくるかもしれません。

おうち大好きだナァ❤

ゲームや映画鑑賞などの一般的なものも良いですが、今回は一歩踏み込んでみます。フリーランス猫がオススメする「おうち時間」のレアな過ごし方

他人の目のない家だからこそできるちょっとしたチャレンジ、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

暗記×運動シンクロマッスル学習法

おうちの中にずっといると「運動不足」になりがちです。人間の身体は1カ月動かさなかっただけで、急速に筋肉が衰え、体力も失っていきます。定期的に運動は行っておきたいところ。

家の中で簡単にできる運動といえばエクササイズです。有料の商品を買うのも良いですが、今はYoutuberの方々が無料でエクササイズ動画をたくさん出しているので、そちらに合わせて身体を動かすのも◎です。

私のオススメはMarina Takewakiさんの動画。Marinaさんのパワーと笑顔に元気をもらいながら、良い汗をかくことができますよ!

【HANDCLAP】2週間で10キロ痩せるダンス15分ノーカットでアラサーが本気で踊ってみたから一緒に踊ろう!【#家で一緒にやってみよう】

さて、普通にエクササイズをしても良いのですが、でも、せっかく「おうち時間」を過ごしているのですから、いろいろなプラスαを足していきましょう!

フリーランス猫がおすすめするのは「エクササイズ暗記」です。

自分磨きになるような知識ってたくさんありますよね。たとえば英単語だったり、資格試験の専門用語などがあげられます。

これらの暗記とエクササイズを融合させるのです。

実は暗記は身体を動かしながらやると覚えやすいという研究結果があります。運動をすると血行が良くなり、脳が冴え渡るからです。さらにエクササイズ音楽によるリズムが、記憶への定着率を格段に上げてくれます。

運動をしながら勉強をすること、これを「シンクロマッスル学習法」といい、数多くの天才たちが実践してきた方法だそうです。

英単語の暗記であれば、先に10〜20単語をとりあえず覚えてしまいましょう。それらの単語を短期記憶から長期記憶に移すために、エクササイズをしながら音読します。

例:
リズムに合わせて
「Cat(きゃっと)」「ネーコ!」
「Paw pads(パウパズ)」「肉球!」

などと、声を出しながら身体を動かします。終了した頃には覚えたい単語がしっかり頭に入っています!

人が大勢いるジムなどでは、なかなか恥ずかしくて声を出せませんよね。おうち時間だからこその、一石二鳥な「シンクロマッスル学習法」、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

料理と読書を同時進行

できることなら外食を控えたい…。こんなときだからこそ、自炊力も身につけておきたいですよね。せっかくおうちにいる時間があるのですから、いつもより少し凝った料理に挑戦するのもアリです。

自炊は節約にもなりますし、身につけた料理の腕前は一生モノ。様々なレシピにチャレンジしたいところ。

ただ、料理は凝れば凝るほど時間がかかってしまうのが難点。時短レシピなどもたくさんありますが、やはり正攻法の「ひと手間かけた料理」に勝るものはありません。

そこで、時間のかかる料理の体感時間を短くする方法を伝授します。それが、

読書とのかけ合わせです!

前項では暗記とエクササイズをかけ合わせました。今度は料理と読書をかけ合わせてみましょう。

時間がかかる料理の工程、たとえば煮物を汁気がなくなるまで煮たり、お肉に弱火でじっくり火を通したりするときなどが挙げられます。そのスキマ時間を有効活用しましょう。

スポンサーリンク

スキマ時間のオススメ読書は積読本

この時間の読書におすすめしたい本は、積読(つんどく)していた本です。一度積読してしまった本は、読む気を意識的に強く起こさなければ、なかなか開くことができません。

料理をするレシピを決めたら、同時に読みたい本を準備します。ここで大切なのが、読む項目を限定することです。

小説ならば最初から読んだほうが良いですが、ビジネス書や実用書であれば、最初から最後までを一字一句読む必要はありません。

とくに一度は積読という形で手放した本ですから、そもそもあまり興味をそそられなかった内容が多い可能性もあります。

そこで、そういった本の目次を開いて、自分の身になりそうなところ、読みたいところだけをピックアップしましょう。

料理の過程と照らし合わせて、例えば15分程度煮る必要のあるものだったら「その間にこの項目は読破する!」と、決めてしまうのです。

そうすると、凝った料理を作る時間を持て余すことがありません。むしろ、早く続きが読みたくて、料理の作業がどんどん捗ることもあります。

ちなみに、オーディオブックなどを利用して料理中も耳で読書をするという方法もあります。

この方法なら、料理の時間が同時にすべて読書の時間にもなります。こちらもかなりオススメですよ。

スポンサーリンク

優越感に浸れるおうち時間

いかがでしたか? 人前ではなかなかできない方法でどんどん自分磨きをしていきましょう。

おうち時間のステキなところは、人目をはばからず優越感にどっぷり浸れるところです。オフィスなどでは、自分より仕事ができる人がいたり、良かれと思ってやったことが裏目にでたりすることがありますよね。

おうち時間を過ごすあなたは、あなたの感覚がゼッタイです。

エクササイズと学習を同時にできた!
料理と読書を同時にできた!

私すごい! と、遠慮なく自分をどんどん褒めてあげてください。おうちという行動範囲を限定された中でも、無限の自由と幸せがあることに気づくはずです。

外出自粛が解除されたときには、生まれ変わった自分になって、颯爽と太陽の下を歩きましょう!

フリーランス猫
フリーランス猫

ピンチはチャンス!
この基本を忘れないことだナァ❣
それでは、またナァ!

タイトルとURLをコピーしました